美しいバストは美脚とリンクしている?!

皆さんこんにちは!
今週の『DHC Lifestyle Council』、
研究員としてインタビューをお届けしている井手美穂です。
バストケアに関してのお話、4日目の今日は、
“体の歪みとバストケアの関係” についてお届けしました。
本日も、プライベートアロマサロン COCIAの美胸セラピスト、
堀口亜紀子さんさんにお話を伺っています。

まず、バストを断面で見てみると、
肋骨→筋肉→脂肪(バスト)といった形になっています。
そのため、下の土台である肋骨がゆがんでいると
おっぱいは育ちたくても育てない…という状況になるのだとか。
堀口さんは、
「地盤の悪いところに家は建たないのと同じですね。」
と表現されていたのですが…そう考えると、その通りですよね。

私たちは日常生活の中で無意識のうちに体の歪みを作ってしまいがち。
その歪みは、肋骨だけが歪んでいるということではなく、
前後の骨や筋肉にも影響があり、
下半身が歪んでいるから上半身もゆがんでいる…ということが多いのだとか。
そのため堀口さんのサロンでは、
「まず、脚を綺麗にしましょう!」
というようなスタートをすることもあるのだとか。

綺麗なバストを作りたいと思ってケアしていくと、
全身の美しいスタイルにつながっていく…という、
実はバストケアの根源を辿ると、全身のケアにつながっていくようです!
バストマッサージや筋肉トレーニングの前に、
土台を固めることからスタートしましょう!ということですね。

明日は、バストケアと食事についてのお話をお届けします!
お楽しみに〜!
井手美穂