どうやって対策する?肌ステイン

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【歯だけじゃない!肌にもステインがあるってホント?】ということで
東京・池袋にあります「池袋さくらクリニック」の
倉田大輔院長にお話を伺いました!
昨日までは肌の酸化について、そして活性酸素のお話を伺いました。

一言にくすみと言っても、体の中ではいろんなことが起きていたんですね。
ではこの肌の酸化に年齢は関係あるんでしょうか?
体の酸化によって肌の老化が起こり、肌老化が抗酸化力を低下させてしまい
また酸化を増やしていく…という悪循環がおこるのですが
年齢により”抗酸化力”が落ちることで、さらに酸化は進んでしまうんです。
リンゴは塩水につければ簡単に酸化が防げますが、そうはいかない私たちのお肌。
肌の酸化を防ぐためには活性酸素の発生源をさけたり、
自分自身の抗酸化力を高めることが大切です。

緑黄色野菜や大豆、オリーブ油など、抗酸化力を上げる食べ物をとることも有効ですよ。
そしてお肌の新陳代謝のために、毎日のメイクはしっかりと落とすこと!
ピーリング効果のある洗顔料が効果的だそうですよ。

そして、日々の紫外線対策や十分な睡眠をとることも大事です。
冬になって紫外線対策をさぼっている方、
うっかりメイクしたまま寝てしまう方、いませんか?

私もついついさぼりがちなスキンケア、酸化に繋がると思うと恐ろしい…!

生活を見直して気をつけようと思います。
明日は肌ステインについてのまとめです。
お楽しみに!

宮世真理子