便秘解決に効果的なエクササイズ、教えて!

DHC Lifestyle Council研究員の柴田幸子です。

今週は、【冬の大敵をやっつける方法!便秘改善】をテーマにお届けしていきます。
日本で初めて便秘外来を開設した腸のスペシャリスト・順天堂大学医学部教授の
小林弘幸先生に、今日は便秘解決に効果的な「運動」について伺いました。

簡単にできて効果的なエクササイズ、気になりますよね!笑

先生がよく患者さんに進めるのは「階段の上り下り」なんだそうです。
これが便秘には一番なんだとか!

どうしても血流は下にたまりやすくなります。
そこでポンプの役割を果たす足を動かすというのが、
腸に血を送るという意味では一番重量なのです。
階段を上るときには足をあげますので腸に刺激がいきやすいと。
また小腸は体の中で浮いているので小腸を刺激するだけであれば
歩くだけで十分なのですが、
大腸は体の4点で固定されているため、体をひねったり曲げたりと、
そういう運動が必要になってくるそうです。
右の腰骨の脇、左の肋骨の下、ここが動きの悪い所なので、
ここをもみながら腰を回すだけでもOK!

そしてお手洗いでなかなか出ない!という時にお勧めなのは、、、
西洋式のお手合いで腰を掛けた時にまずは前傾姿勢を取ります。
その状態で右手で左足首を持つくらいかなり体をひねります。
このひねりの動きがとても効果的なんだそうですよ。

最終日の明日は「自律神経」との関係性について伺います。