チョコレートが持つチカラとは?

こんにちは!
DHC Lifestyle Council研究員の平田理絵です。

今週は、【バレンタイン直前!チョコレートに恋をして】をテーマにお送りしています。
昨日は、今年のトレンドや人気のショコラティエをご紹介しましたが、
今日から3日間は、チョコレートの効果や成分、チョコレートの秘密について
管理栄養士の須藤歩さんに伺います。

チョコレートと言うと、
甘くて、カロリーが高めで太るんじゃないかな?ダイエットの敵!と
思ってしまいがちですが、
チョコレートにもいろんな栄養素が含まれているそうなんです。
三大栄養素のタンパク質、脂質、糖質はもちろんですが、
最近注目されている「カカオポリフェノール」も含まれています。
またその他にも、カカオ特有の苦味成分である、テオブロミンやミネラル類、カフェイン、
食物繊維などが含まれていて、疲労回復やエネルギー補給に有効なんです。

最近注目の「カカオポリフェノール」ですが、
特にコレステロールの酸化を防いで、
動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的と言われています。
最近の研究では、ストレスへの抵抗力を高める効果なども
報告されているそうですよ。

ただし、チョコレートの中でも、
ホワイトチョコレートにはこの「カカオポリフェノール」は含まれていないんです。
ですので、もし生活に取り入れるなら普通のチョコレートで、
なおかつ高カカオをうたったものが望ましいですね。

明日は、「チョコレートのヘルシーな摂り方」について伺います。
お楽しみに〜♪

平田理絵