自分に合ったコーディネートで自信をゲット!

こんにちは!DHCLifestyleCouncil研究員の小山由貴子です。

明日はいよいよクリスマスイブ!ですね。

今週のテーマは

クリスマス直前企画!自分に合ったコーディネートで素敵なクリスマスを♡」です。

福岡美人塾・山本みほ塾長にお話しを伺いました。

昨日までのお話で、骨格診断に基づき自分に合うファッションスタイルがあると伺ってきました。

でも、それは自分が着たいファッションと合うのか…もし合わなかったら着たいお洋服はどうすればいいのでしょうか?

まず、骨格診断には3つのタイプがありますので、それぞれの特徴とそのタイプにあったスタイルなどを簡単にまとめてみました。

◆骨格ストレート◆

・特徴…身体に厚みがあり、鳩胸、お尻が上がっている「ボン・キュ・ボン」なグラマラスボディさん。

・得意なスタイル…シンプル・ベーシックというパリッとしたシンプルなシャツ、キレイ目なパンツスタイルです。

・素材…ハリのあるコットン100%、ウール、カシミヤなど高級感のあるもの。

・全体のシルエットをIラインに作る。

◆骨格ウエーブ◆

・特徴…身体が薄く、首が長く鎖骨がハッキリ見える、華奢なスレンダーボディさん。

・得意なスタイル…ソフト・エレガントという可愛いやセクシーなど女性ならではのファッションです。

・素材…ポリエステル、シフォン、スエードなどやわらかい質感や透け感があるもの。

・全体のシルエットをXラインに作る。

◆骨格ナチュラル◆

・特徴…関節が大きくしっかりしている、脂肪が付きにくく中性的ボディさん。

・得意なスタイル…ラフ、カジュアル、ナチュラルという袖をまくるシャツやロングスカート、ワイドパンツです。

・素材…麻、綿、デニムなどの天然素材や、ツイードやコーデュロイなどの生地に厚みがあるもの。

・全体のシルエットをOライン、Rラインに作る。

私は、骨格ウエーブですが、骨格ストレート方が似合うようなボディラインのでるピタッとしたお洋服を着たいのですが…そんな時は、素材を合わせることがポイントだそうです。

好きな形のお洋服でもスエードのような柔らかい素材を使えばOK!

そして、一枚で着るのではなく、ほかのアイテム、例えばバッグやアクセサリーなどを使って、自身の骨格に合う全体のラインを作っていけばいいのです。

これで!タイプに合わないお洋服でもバッチリ素敵に見えるそうです。

また、人に与える印象って大事ですよね?

特に初対面では、何を話しているか?よりも声色や表情、動作など五感で感じるものの方が大切で、ファッションは全体のうちの約五分の一が印象に残るポイントになるそうです。

ということは…自分に合ったファッションや、色も大事になってくるのです。

髪色、肌色、瞳の色にあうものを取り入れることも好印象につながるそうです。

それでは、今日の結論!

自分に合ったコーディネートで自信をゲット!

ファッションを楽しんで、素敵なクリスマスを送ってくださいね。

来週は、「スマホ時代のアイケア」についてのお話です。

お楽しみに!!

小山由貴子