今週のテーマは【冷え性対策】!必聴です♪

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

本格的な冬に入って、体の「冷え」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな今週のテーマは【冷え性対策】
ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」の清水なほみ院長にお話を伺いました。

初日の今日は、冷え性の原因について教えていただきました。

冷え性というと、男性より女性に多いイメージですよね。
実は女性の体が冷えやすいのにはいくつかの理由があるんです。

まずは「筋肉量の違い」です。
体の熱は筋肉が作ってくれるのですが、男性より筋肉量の少ない女性は
熱を作る力が男性より弱いんだそうです。

それから、男性に比べて女性は血管が細いため
血の巡りが少し悪くなってしまいがちなことも理由のひとつ。

そしてもう一つ、「骨盤の形」が関係しています。
男性の骨盤は”カクテルグラス”のように三角形をしていますが、
女性は”ブランデーグラス”のように丸い形をしています。
そのため骨盤の中で血液が滞りやすく
お腹や腰など下半身の冷えを引き起こしてしまうんだそう。

ということで、女性の体って元から冷えやすい構造になっているんですね。

その他、生活習慣の中でも・・・
運動をする習慣のない方だと、運動不足で血の巡りが悪くなってしまったり、
“白いお砂糖”や”南国系のフルーツ”など、

体を冷やす作用のある食べ物を摂ることも原因になります。

甘いもの大好き、果物大好き、昔から運動習慣はゼロ!な私・・・
そりゃ手も足も冷える訳だよな〜と納得してしまいました。

でも、原因がわかれば改善できるはず!!
この冬を快適に過ごせるように、様々な面から冷え対策を学んでいきましょう~!

明日は「生活習慣から見る冷え性対策」について伺います。
お楽しみに!

宮世真理子