髪のスタイリング……いろんなワザがあります!

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

今週は「冬のオシャレに、美髪ケア!」というテーマで
美髪アドバイザーの田村マナさんにお話を伺ってきました!

今日は「髪のスタイリング方法」について。

毎日のスタイリング、大変ですよね!
うまくいく日もあれば苦戦する日もあり…お悩みも様々です。

そんなスタイリングでまず気をつけるポイントは…
ずばり、「熱を当てすぎないこと」!!

ドライヤーやストレートアイロン、そして髪を巻くコテやカーラーなど、
髪のスタイリングにはどうしても”熱”が必要になります。
ですが、熱を当てすぎると…なんと髪の表面が溶けてなくなってしまうそうです!

これは私も思い当たる部分があります。
毎日髪をコテでせっせと巻いている私、毛先がボロボロになって千切れたりしていました…!

なので、コテやアイロンは要注意!髪にあてる時間はなるべく最小限におさえてくださいね。
ちなみに150度の温度で3秒間なら、髪はあまりダメージを受けないそう。
手際よく使いましょう〜!

続いてお悩み別のポイントです!

「髪にボリュームを出すためには?」
シャンプー後、ドライヤーを髪の根元に向けてあて、持ち上げるように乾かします。
そうすると髪が根元から立ち上がり、スタイリングしやすいふんわりした仕上がりになりますよ!

「雨の日、広がってしまう髪の対策は?」
雨の日というのは、空気の湿度が高い状態。
乾燥している時に水分が奪われることの反対で、髪は水分を取り込んでしまいます。
そのため髪が膨張して広がってしまうんですね…。

ということで、大切なのは【髪に油分の膜を作ること!
ヘアオイルやトリートメントで水分が入る隙がないように”髪のボディガード”を作ってあげてくださいね。

そして…私もすごく気になっていた「カラーを長持ちさせる方法!」
これはカラーをした後1週間のケアが重要になってきます。

カラーは主にシャンプーの時に流れ出してしまうので、
カラーリング後の髪用のシャンプーを使うのもとても効果的。
それから大切なのが、先ほどの”ボディガード”!
月曜日にご紹介したオイルパックなどで髪の表面をしっかりコーティングしておくと
カラーが外に出てしまうのを抑えられますよ。

この”ボディガード”は熱や紫外線で弱ってしまうので、
外出の時には紫外線防止効果のあるヘアスプレーを使うのも効果的です。

ということで、1週間ヘアケアについてお届けしましたがいかがでしたか?
ダメージのケアだけじゃなく髪を守ること、
そして元気な髪を育てるために頭皮が大切なことも分かりましたね。

冬もウルツヤ髪をキープできるように、日々のケアを頑張りましょう〜!

来週は「冷え性対策」について調査してきますよ!
お楽しみに♪

宮世真理子