ほうれい線、頬のタルミの原因は
「横引き笑いグセ」!

こんにちは!研究員の小山由貴子です。

今週のテーマ【顔グセ対策で表情美人!】。

機能は、「顔グセはシワやタルミを加速させる原因」と学びました。

今日からは、顔グセ別のトレーニングを、土門治療院の土門奏院長に伺います。

「顔グセを直すためのメソッド・その1」です。

まずは、頬の顔グセチェック方法です。

ほうれい線や頬のタルミ、シワの原因は、「横引き笑いグセ」をしているからだそうです。

上唇をあげないで、口角を横にひいて笑っていると、ほうれい線の癖になってしまいます。

この「横引き笑いグセ」のチェック方法として、

両頬の頬骨に、軽く手を置いてみて笑ってみてください。

ポイントは、唇の端に薬指が乗るくらいに手を置くことです。

11151

下の写真のように、手が横に動いた方は横笑いグセをしている可能性があります。

11152

また、喋っているときに、ほうれい線がでるまで喋っているかを

「下あごはさみデイリーチェック」でチェックしてみてください。

下あごを人差し指と親指ではさんで喋ってください。

この時、はさんだ幅から出ていないかチェックしてください。

11153

ポイントは、上の前歯を出して少し微笑むことです。

そうすると、喋っていても広がらないようになります。

11154

よ~く鏡を見て、自分の癖が分かりました。

わたしは少し横に広がり気味で、横引き笑い癖でした!残念!!

頬の顔グセを直すトレーニングについては、動画をご覧ください。

それでは、今日の結論!

ほうれい線、頬のタルミの原因は横引き笑いグセ

トレーニングを毎日やって、顔の筋肉をいっぱい動かしてあげたいですね。

これで年を重ねても、ほうれい線やタルミに縁遠くなりそうです!

明日は、「口元の顔グセ」です。

ぜひ鏡を用意してくださいね。お楽しみに!

小山由貴子