高血圧対策に役立つ栄養素とは☆

こんにちは!DHC Lifestyle Council 研究員の宮世真理子です!

今週お届けしているテーマは【気を付けて!女性の高血圧】。

ご協力頂いているのは「いりたに内科クリニック」入谷栄一院長です。

今日は「高血圧対策に役立つ栄養素」についてお話を伺いました。

まずは血圧を調節してくれる【カリウム】【マグネシウム】【カルシウム】の3つ。

これは耳にする機会も多いミネラル類ですね。

カリウムは、腎臓から余計な塩分(ナトリウム)を排出する働きがあります。

野菜や果物に多く含まれている栄養素で、バナナやじゃがいも、ほうれん草などの身近な食品で摂ることができますよ!

ちなみに水に溶けやすい性質なので、果物や野菜はそのまま食べるのが良いそうです。

マグネシウムは、カリウムの働きを助けてくれます。

こちらは海藻類やナッツ類、大豆などにも多く含まれています。

マグネシウムには神経の興奮を抑える効果もあって、イライラ防止にも効果的ですよ。

そしてカルシウム。

不足すると副甲状腺ホルモンが分泌され、血管を収縮させて血圧が上昇してしまうんです!

多く含まれているのはご存知の通り、牛乳や小魚です。

子供の時は毎日摂っていたのに、大人になるとつい忘れてしまいがちな栄養素ですね。

その他には…

血管を丈夫にして若々しく保ってくれるタンパク質。

お肉やお魚に多く含まれていますが、おススメなのはイワシやサバなどの青魚です!

DHAなどの栄養素も一緒に摂ることができますよ。

そしてカテキン。これは緑茶などに多く含まれていますよね。

血圧を下げるだけじゃなくコレステロールや中性脂肪にも効果がある、とても大事な栄養素です。

それから、ゴマペプチド

ゴマに含まれるこの栄養素は、適切な血圧をコントロールするのを手助けしてくれます。

今はサプリメントも出ているので、とても手軽に摂ることができますよ。

名前はよく知っていても、実際食事をする時に栄養素を意識することってなかなかないですよね。

でも毎日何気なく食べているものにどんな栄養が入っているのかを調べてみるのも面白いですよ。

最近忙しさを理由に自炊をサボりがちな私ですが、

これを機会に、なるべくご飯を作るようにしようと思います!

明日は「高血圧対策の食事」についてお話を伺います。

お楽しみに!

宮世真理子