唐揚げ!いたずら!潜水艦!

みんな~、はっろーー!

クロス高校は今日も元気に開校中!

学級委員長で国語が得意な中馬祥子と、音楽が大好きな吉田紗綾。

そしてラジオを聴いているみんなも3年C組のクラスメイトだよ~。

みなさんは唐揚げにレモンってかける?

かける派、かけない派、あとからかける派…色々ですよね~。

日本唐揚協会によると、中国から唐揚げが伝来したのは江戸時代初期。

名前こそ唐揚げでしたが、今の「鶏の唐揚げ」ではなく、豆腐を小さく切って油で揚げ、さらにしょう油と酒で煮たもの!という別の料理だったんです。

現代の「唐揚げ」が外食メニューに登場したのは昭和7年頃。

日本では戦後の食糧難に備えて、養鶏場を多く作るという国策の下、美味しい食べ方がいろいろ発展していったというわけです。

あ~、唐揚げ食べてくなってきたぁぁぁ!

さて今日の1時間目は、社会の授業。

テーマは「昔のいたずら」

昔流行った他愛もないいたずらって、色々ありましたよね~。

例えば先生への王道のいたずら「黒板消し落とし」「先生好き!など黒板に書いて先生の反応を見る」「教室の時計を3分進める」などがありました。

生徒同士のいたずらでいえば「輪ゴム指鉄砲」「朝礼でひざカックン」「座る前に椅子を引く」「牛乳を口に含んだ友達を笑わせる」などなど。

いたずらグッズも色々ありました。例えば「ブーブークッション」「ゴムのゴキブリやムカデ」など。今の学生さんはこんないたずら、しませんよね~(笑)

2時間目、3時間目の授業は「防衛」、今日は『潜水艦』について教えていただきました~。

日本は四方を海に囲まれた典型的な海洋国家で、世界第6位の長い海岸線と、世界第6位の広大な排他的経済水域を持っています。

外国からの資源や食料に多くを依存するわが国の貿易は、その9割以上を海上交通に依存しているため、海洋の安全確保や国際秩序の安定が欠かせません。

こうした海の防衛に欠かせないのが潜水艦なのです。

潜水艦の中はどうなっているんでしょうか?!

実は、和気あいあい、自由時間には飲んだり食べたりおしゃべりしたり…というようなリラックスムードはありません。

相手国が潜水艦を発見するには、ソナーという道具を使って海中へ音波を出し、その跳ね返りで潜水艦を探す、という方法が用いられます。ですので潜水艦の中でも常に『音を出さない』ことが求められます。

人がいるはずのない深海で音を響かせれば相手に気づかれるので、艦内では任務中でも生活でも、いかに音を出さないかに神経を使います。

通常の船とは違って室内にはゴムマットが敷き詰められ、航行中は自衛隊の革靴から運動靴に履き替えます。6畳ほどの食堂では息抜きでDVDを見られますが、ヘッドホンで見るそうです。

う~~~ん、中馬と吉田には無理かも~!!!笑

さてくろす高校では4月から「マンガ部」「ドーガ部(動画部)」を立ち上げました。

皆さんの好きな動画、おすすめの動画、ハマっている動画

気になるマンガ、ハマっているマンガの情報交換していきましょう~。

メッセージ、3c@crossfm.co.jpまで送ってくださいね~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加