【祝100回 !!】百足と百舌鳥、百人一首、ひゃっくり!

みんな~、はっろーー!
2018年1月より授業が始まってから、およそ2年の月日が経ちました~!
「3年C組タモガミ先生」は、記念すべき100回の授業を迎えました~!!!!

「いえ~~~ぃ!!!」(by 中馬&吉田)

もちろん100回はひとつの節目で、あくまでも通過点に過ぎませんが、
「新たなスタート」でもあります。
そこで今回は、100回を記念した特別授業でお送りしました~!!!!

1時間目は、生物。
取り上げたのは、「むかで」と「もず」~!
漢字で書くと・・・そう、「百足」と「百舌鳥」ですね~!!
そこで今回は、百足の種類や生態、百舌鳥の名前の由来や行動について勉強しました~!!

2時間目は、国語。
取り上げたのは、「小倉“百”人一首」~!
そもそも「小倉百人一首の『小倉』って?」、
「小倉百人一首以外はあるのか?」
「小野小町は、なぜ後姿なのか?」など、疑問がわきませんかぁ~~??
その疑問をひとつずつ解明しました~!!!

そして3時間目は、保健。
テーマは「ひゃっくり」!!

「予想外なのキター!」「ちょっと無理がありません~?!」
「『ひゃっくり』ではなく『しゃっくり』じゃないですかぁ~??」(by 中馬&吉田)

辞書に載っているのは・・・「しゃっくり」でした~!
しかし!「ひゃっくり」も間違いではありません~!!
「ひゃっくり」は、一部の地域で使われている方言だったんです~!!
しゃっくり、ひゃっくりは、なぜ起こるの?、どのように止めるの?
などについて学びました~!!!

・・・という訳で、今日の授業はすべて終了。
なにか質問や解らないことがある人は、後で職員室に来るように。
タモガミ先生、ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします~!!
まっかせなさい~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加